【手洗いってめんどくさい?実はカンタンなんです!】チャーメイクボディナイトブラの洗濯方法

こんにちは、チャーメイクボディ代表のゆかぽんです!

今回はチャーメイクボディのナイトブラのお洗濯方法について紹介します!

 

チャーメイクボディのナイトブラは『つけ置き手洗い』で!


ブラを長持ちさせようと思うなら、皆さんご存知の『手洗い』が1番!

ここでは『手洗い』方法を手順を踏まえて詳しく解説していきます。

用意するもの


・下着用洗濯洗剤
・大きめの洗面桶


用意するものは以上の2つだけです。

下着用洗剤は手洗いで下着を洗うことを目的としている専用洗剤。

通常の洗濯洗剤と違い触っていても肌荒れしにくく肌に優しい仕様なので安心です。

「今下着用洗剤がない!でもどうしても洗いたい!」という時は普段使う洗濯洗剤でもOKですが、長時間触れると手が酷く荒れてしまう他、つけ置きでは洗いにくいので注意してくださいね!


①洗剤を入れ、水orぬるま湯で泡立てた洗面桶にブラを優しく入れて、5〜10分つけ置きする


※熱すぎると生地がいたんでしまうので、お湯の温度は38℃までにしましょう!

洗剤を入れてから桶に水orぬるま湯を入れますが、この時1Lほどたっぷり入れると洗いやすいです♪

ブラを入れるときは、ブラの形が崩れないようにゆっくり優しく入れましょう。

ブラをしっかり付けこんだら、5〜10分ほどつけ置きして放置します!

②つけ置きが終わったら2〜3回すすぎ洗い


つけ置きが終わったら次は水でブラをすすぎましょう。

この時、揉み込んだり、グニャグニャにしてすすぐのは絶対NG!

ブラを優しく揺らしながら水で流す→桶の水がいっぱいになったら捨てるを2〜3回繰り返して、洗剤のぬめりがなくなったらすすぎ完了です♪

③タオルでブラの水分を吸い取る


洗い終わったらブラの水分をタオルで優しく吸い取りましょう。

この時、マイクロファイバーのタオルではさみこむようにして(形が崩れないよう注意!)しばらく置いておくと、水分がよく取れて干した時に水が落ちません。

④ブラのアンダー部分を洗濯バサミでとめ、風通しの良い日陰で干す


干すときはブラのアンダー部分(胸の下部分)をハサミで2〜3カ所とめて、風通しのいい日陰で干しましょう。

洗濯物はお日様の当たるところで!と思いがちですが、ブラはデリケートなので日光によって劣化してしまいがち。

なるべく日陰で干すように心がけてくださいね!



まとめ


いかがでしたか?手洗いって何だかめんどくさそう…と思われがちですが、意外とカンタンでびっくりしたでしょう?

手洗いで1日でも美しい状態を保つことができれば、その分下着を買い直さなくて済むので、手洗いって実はとってもオトク&便利な洗い方なんです♪

洗濯機洗いしていた方も、これを機にぜひ手洗いにチャレンジしてみてくださいね!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。