美脚の大敵!むくみやすい冬の対策

こんにちは。
今回は足のむくみについてのお話です。
デスクワークで座りっぱなしだと、昼過ぎから足がむくんできて、仕事が終わるころにはふくらはぎのあたりがパンパンにむくんで靴がきつくなるなんてこと、あるあるですよね。
立ち仕事の方も、一日中同じ姿勢で立ちっぱなしだと足のむくみが気になります。
むくんでいることで足が太く見えてしまいますので、何とか解消したいものです。

 

足のむくみの原因は?

人の身体は、約60%が水分でできています。
体内の水分バランスを保つことで、細胞に栄養を行き渡らせたり、老廃物を流して除去します。
通常は体内の水分の割合は維持されていますが、そのバランスが崩れて組織と細胞の間に余分な水分がたまると、むくみが発生します。
例えば、同じ姿勢を続けることで血液やリンパ液の流れが悪くなり、その結果水分や老廃物が足にたまることでむくみになります。

冬の寒い時期は、寒さや冷えによって筋肉が緊張するので、さらにむくみやすくなります。
また、冷え症の人は血の巡りが悪くなっているので、水分の巡りも悪くなっています。
特に下半身の冷えはむくみにつながりやすいのでストッキングや靴下で冷えを防ぐことが必要です。 

 

むくみをそのままにしていると足が太くなる?

「むくみを放っておいたら足が太くなる」なんて話を聞いたことがありますが本当なのでしょうか?
むくんだ状態を放置し続けると、ただの液体によるむくみじゃなく「足そのものが太くなる」可能性があります。
最初はリンパ液によるむくみであっても、老廃物が溜まって皮膚や組織全体が厚くなって太くなるのだそうです。
また、どんどんと水分や老廃物が脂肪細胞に吸収され、脂肪をため込んでしまいます。
セルライトの原因にもなります。
セルライトのせいでさらに痩せにくくなります。
何も対策をしていないことでどんどん足を太くしてしまっています。
足のむくみは放置していてはいけないことがわかりますね。

  

むくみを緩和する方法

むくみを放置しないためには、日々の少しの工夫が必要です。

簡単なストレッチ

座りながらつま先を伸ばしたり、そらしたり、足首をぐるぐると回すことを意識すると良いです。

また、休憩やお手洗いに行くタイミングで、屈伸をしたり、足を前後に開いて身体を前に倒し、後ろの足の裏側を伸ばすようにするのも良いです。

マッサージ

脚全体のリンパの流れを促すにはマッサージが最適です。
お風呂上りの温まった体で行なうのがさらに良いです。

①足指の間に手指を挟み、足首を回す。
②撫でるようにくるぶしからひざ裏方向へマッサージする。
③ひざ裏を優しく指圧する。

片足で5〜10分ほど行いましょう。

 

  

水分をたくさんとろう

水分の取り過ぎによって足がむくんでしまうとよく言われており、そのため水分を我慢しようとする人が多くいます。
実はその習慣がむくみを悪化させている原因の可能性があります。
水分が不足すると、身体は水分を溜め込もうとするため、下半身に余分な水分がたまってしまい、かえってむくみがひどくなってしまいます。
足のむくみの解消のためには、適度な水分を取ることが必須です。
体重50kgの方が一日に摂取する水分量は2.5リットルということを目安にしましょう。
ジュースや利尿作用があるお茶やコーヒーは控えて、お水をたくさん摂取しましょう。
また、カリウムを含む食べ物を摂取することも良いです。
カリウムは身体を健康に保つための維持や調節に必要なミネラルの一種で、身体の中のナトリウムとバランスをとって良い体内の状態にします。
そして、身体の中の過剰なナトリウムを汗や尿として身体の外に排出してくれます。
また、食事でとりすぎたナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、過剰な水分を、カリウムが体外へと排出してくれます。
カリウムは食品ではほうれん草、昆布やひじき、納豆、アボカドなどに多く含まれますので進んで取り入れましょう。

 

 

むくみにくい生活を心がけよう

むくみのほとんどは、体質や生活習慣によるものであることが多いです。
下記のポイントについて意識してしてみましょう。

Point1.体を動かして筋力をつける
(足にたまった体液を筋肉の収縮で心臓へと戻します)

Point2.塩分を摂り過ぎない

Point3.塩分排出を助ける栄養素
    カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルを適正量摂る

Point4アルコールは飲み過ぎない

Point5.体重だけにとらわれるダイエットをしない
    (きちんと運動もしましょう)

Point6.体を締め付け流ような下着や服は避ける

Point7.体を冷やさないようにする

 

夕方になるとむくみがひどくなるけれど、寝れば翌朝にはむくみが解消されるという場合であれば、あまり心配はいりません。
急にむくむようになった、片足だけむくむ、痛みがあるといった場合には病院の受診をおすすめしますが、長年むくみに悩んでいるという方は、普段から少し気をつけてむくみにくい生活をすることでむくみを予防することが出来ます。

まとめ

これから寒くなると、むくみやすくなります。
冬は大気が乾燥し気温も低くなるので、汗をかきにくくなります。
そのため、体内から水分が排出されにくく、水分を体内に留めようとする作用も高まるため、むくみがより気になります。

冬の対策として、着圧グッズを試してみるのも良さそうです。
着圧レギンスで、骨盤、お尻、太もも、ふくらはぎや膝まわりをサポートでき、冷え対策にもなります。
おすすめ商品はこちら 

冬は内側から外側から自分の身体を見つめ直すタイミングです。
いつまでも健康で美しくあるために、むくみの予防にも力を入れてみましょう。


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.


You may also like

View all
Example blog post
Example blog post
Example blog post